仕事の密度を極限まで高める!

究極のタイムマネジメント

(仕事を高速化する仕事術を大公開!)

こんな悩みはありませんか?

  • 時間や締切が守れない
  • 「時間が無い」「忙しい」が口癖になっている
  • 時間管理の方法が分からない
  • 定時に帰れない。毎日残業が続いている

このような悩みを解決する方法をセミナーで伝授します。

仕事をしっかり管理して、時間内にすべてをやり遂げる。
そのためには、一つ一つの作業の速度を上げ、徹底的に時間を管理すべきです。

私はどちらかというと忙しい部類に入ると思います。

「平野さん、忙しそうだけど、なんでこんなに出来るの?」
「本当に一人でこれだけの業務をやっているんですか?」


会う人、会う人に、このような質問をされます。

しかし、そのたびに「まだまだ時間ありますよ」と答えています。
たとえば、日々どんなことをやっているのか。その一覧を書き出してみましょう。

平野友朗の毎月の業務とは?

  • 私がやっている業務を書きだしてみましょう。他にも細々としたものはたくさんあります。 こうして自分で眺めてみても、本当に多いなぁと思います。

     
    • 毎日2通のメルマガ執筆
    • 年間1~2冊の本を執筆
    • 連載中のコラムを毎月2~3本執筆
    • 毎日300通くらいのメール受信、100通くらいの返信
    • 顧問先(5~10社)へのアドバイス
    • 年間150回以上の講演やセミナー開催(企画、募集、ページ作成、コンテンツ作成)
    • セミナーテキストの発送
    • 実践塾シェアクラブの動画収録(3時間)を毎月実施
    • 実践ライティングのZoomシェア会を月2回開催
    • 実践ライティングの会員向け動画5本作成
    • 一般社団法人日本ビジネスメール協会の運営
    • 一般社団法人PAGの運営
    • 経営者として事業戦略の立案
    • 振り込みなどの経理業務(アイ・コミュニケーション)
    • 経理業務すべて(日本ビジネスメール協会)
    • 年間約50回のメディア露出(その仕掛けと取材対応)
    • 自社・顧客のウェブサイト(9種類)の管理
    • FacebookやTwitter、noteでの情報発信
    • スタッフへの指導
    • 年間400冊の読書
    • 新規事業の企画

私が「時間管理」を重視する理由。

これだけの仕事を日々こなしていますから、次のような印象を持たれることがあります。

「平野さんって、仕事早いですね」
「時間に追われていませんか?」
「働き過ぎじゃ無いですか?」
「もしかして、分身がいませんか・笑」


私のように経営しながら講師の仕事をしている人もいますが、ここまで、事務作業やサイト制作をこなしている人は少ないと思います。

サイトのデザインや運営の一部については外部のパートナーやスタッフに任せることもあります。
しかし、ライティングや全体の構造化などは、基本的に私がやっています。

それはなぜか……。

営業社員がいないからこそ、経営者がそこをやるべき。
小規模事業のマーケティング活動は、経営者の仕事だと考えています。


スタッフがやって、精度が90%なら私がやって精度が95%の方がいい。
こういった微差が続くと、最終的に大きな損失になります。

本を書くときもライターは入れません。チャレンジしましたが、正直うまく行かない。
スタッフや編集者が文章を整えてくれます。それなら、コンテンツを絞り出すのは私がやったほうが効率がいい。

物事を俯瞰して考えたときに、一番合理的な手段を考えています。
  • 労働時間を減らしたい(残業は絶対にしない!!)
  • 売上で困りたくない
  • 安定した経営をしたい
  • 不確実な要素を減らしたい

こんな感じで条件を考えて行った結果、
  • 私が絶対にやるべきこと
  • 私じゃ無くていいもの

これが明確になってきました。

ただ、普通に「私がやるべきこと」をやっていたら、予定通りに終わらない可能性があります。
かといって人任せだと、思い通りに進まないかもしれない。

だからこそ、自分の仕事を速くするのが一番合理的なのです。

その思いに至ったのは、10年くらい前。
それまでは、人並みの速度だったと思います。

しかし、今では自分でも速いなぁ~って思います。


・最短距離で進む
・手数を減らす
・リスクの発生確率を減らす
・トラブルが起きてもやりくりできる


これをずっと意識しています。だからこそ、今回のようなセミナーが企画できるのです。

10年間スピードを追求した結果、得たノウハウ。
それを大公開します。

これだけの仕事をこなしても、土日はしっかり休みます。
18時には会社を出て、毎日好きなことができています。


結局、仕事の量の前に、生産性を見つめるべきでしょう。

セミナーで学べる内容

  • 合理的思考の本質をインストールする
  • 期限と質が仕事を決める
  • 帰る時間を決めるのがスタート
  • 最短距離でゴールを目指す
  • ミスを一つでも減らす
  • 考える時間を1秒でも減らす
  • 選択肢を減らして、選択しない生き方をする
  • 処分、処分、処分
  • ウィルパワーの無駄使いを減らす
  • メール、Slack、チャットワーク……何を使う?
  • あなたの人生に、そのタスクは必要なのか
  • 管理するものを一つでも減らす
  • 関与する人を一人でも減らす
  • なぜ、社員を雇うのか
  • 自分の時給を意識する
  • 悪い習慣を駆逐する方法
  • 良い習慣を定着させる方法
  • 習慣が思考を自動化する
  • 仕事のはかどる環境は一つではない
  • スマホやアプリとの付き合い方
  • 電話の時間を減らす方法
  • 書類の整理時間を減らす方法
  • クリアファイル一つで書類は管理できる
  • メモ帳は効率が悪いから使わない
  • クリップボードメモは利点だらけ
  • 郵便物は手元にためない
  • Gmailのフォルダ分け一つで効率が変わる
  • メールを消すことは時間の無駄
  • ゴールから逆算してタスクを洗い出す
  • なぜ、時間割を使うべきなのか
  • 出社したときには、帰る時間が決まっている
  • 1か月に使える時間は、176時間と決める
  • GoogleカレンダーとTODOだけで管理できる
  • 繰り返しの予定は、自動処理
  • 1年後の自分に向けて指示書を作る
  • 仕事は細分化する
  • 階層を深くすると目につかない
  • TODOリストでは仕事が管理できない
  • 期限を100%守れる人になる方法
  • 人は同時に2つのことをこなせない
  • 0.1%の成長で継続的な改善をおこなう方法

参加者の声

  • とても参考になった
    飯沼天空さま
    その理由を教えていただけますか?
    セミナーの中で自分のTODOリストをどんどん更新して、セミナー=実践の場、終わった瞬間行動が変わるような時間だったから。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    睡眠時間を天引きして、働く時間の枠を決める    
  • とても参考になった
    李順葉さま
    その理由を教えていただけますか?
    前回聞いたことで、自分にとって有意義なことを確認できました。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    Googleカレンダーにトライ  切り捨てる勇気を持って行動する
  • とても参考になった
    磐梨輝崇さま
    その理由を教えていただけますか?
    実際に時間内で仕事を完了させ、成果をあげている方のナマの声を聴けたから。(本を読むのとは違った説得力がありました)

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    ・タスクに対して向き合い、俯瞰し、やると決め、やりきること
    ・保管する場所を各々一元管理し、シンプルにタスク管理ができるようにすること
    ・自分の日々の活動を記録して見える化し、最適化への小さな改善を繰り返すこと
  • とても参考になった
    内野豪紀さま
    その理由を教えていただけますか?
    平野さんの仕事術やタイムマネジメントに関する思考はとても参考になります。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    Googleカレンダーで外出や来客予定以外にも社内作業を記入するようにしていますが、講義の中でもありましたTODOリスト(Google)を上手く活用できるようにしたいです。
  • とても参考になった
    安井章員さま
    その理由を教えていただけますか?
    スケジュールの組み立て方やタスクの分解の仕方、それを埋めていくやり方など実際に即した内容でした。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    ・メールやチャットできたものにはすぐに対応する。
    ・朝一番でその日のスケジュールを決める。
    ・18時までに終わらせるように時間割を組む。    
  • とても参考になった
    安藤研一さま
    その理由を教えていただけますか?
    期限について(私だけでなく)チームの認識を統一する必要を感じた

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    ・手帳を手放すことにした
    ・GoogleカレンダーとTo Doを使っているが、もっと工夫できることに気づいたから
    ・期限と枠の設定(まず自分から、そしてチーム)
    ・タスク分解と時間の予測
  • 参考になった
    山川雅広さま
    その理由を教えていただけますか?
    事前に予定を組み込むことの大切さを再認識させてくれました。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    Googleカレンダーの活用。
  • とても参考になった
    水本政宏さま
    その理由を教えていただけますか?
    まさに究極を求めないといけないから。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    スケジュール枠に不要な余裕は持たせない。
  • とても参考になった
    谷口和信さま
    その理由を教えていただけますか?
    タスクは全部書き出す。大きなタスクは細切れにする。毎朝、時間割を作る。あとは、その通りに実行するだけ。やりたいこと、やらなければならないことを確実に終わらせるには、やっぱり、それしかないということが再確認できました。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    ひとつの行動を、複数の結果に反映させられないかを意識してみること。
    一粒で2度3度美味しい方がお得ですからね(笑)
  • 平井知美さま
    とても参考になった
    その理由を教えていただけますか?
    仕事に関しては話していただいたことの65〜70%ぐらいは今自分でもできていることで、今までの私のやり方は間違ってなかったんだな、というのが実感できたことと、それをさらに伸ばすために足らないところ、埋めるべきところが学ぶことができたのでとても参考になりました。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    PDCAを回して、「検証」するのが面倒であったり、苦手と感じてしまうので、そこを改善していきたいです。    
  • とても参考になった
    和性真澄さま
    その理由を教えていただけますか?
    受講前は、自分には真似できなさそうな内容かも?と思っていましたが、難しいことはなく、「これやってみよう」と受講中にひらめきが生まれた。これを実行・継続するのが難しいのですが、時間そのものに対する考え方も教えていただけたのが財産となった。    

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    スケジュール管理を家族と共有するためTimeTreeを使っているが、それとは別に仕事スケジュール管理としてGoogleカレンダーを活用しようと思った。
  • 幡中なつむさま
    とても参考になった
    その理由を教えていただけますか?
    内容のすべてが本質的だったからです。タイムマネジメントのために、「マネジメント」するべき対象は「タイム」ではない。管理するのは時間ではない。管理すべきは「中身と期限と質」。やりたくないことをやらなくて良いようにしているというお話から、やりたいことができる人生もいいけど、やりたくないことをやらなくて良い人生って最高!と思いました。そのためにどうするか?ワクワクする問いができました。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    ・出すべき成果はすべて定時の中で出せるはずだと、まず、信じます
    ・GoogleToDoを使い倒します
    ・「お詫びは無駄」が響きました。「遅くなりまして申し訳ございませんでしたと」いうお詫びを使わなくて済む生活にします
    ・着手前に時間を見積もります。今まで、わかっていても面倒だなと思っていました。天引きの話と同じくお金に置き換えてみました。すると、「それが何分で終わるかわからないまま仕事に着手する」というのは「所持金が限られているのに値札を見ないでものを買っているようなもの」かなと想像。あぁそれは破綻するわと納得したら面倒臭さよりも見積ろうという気持ちが勝ちました。
  • とても参考になった
    葭矢久子さま
    その理由を教えていただけますか?
    グーグルカレンダーの使い方を知ることができた。(今まで、Meetingや面談など対誰かとのスケジュールしか入れていなかった。)

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    とにかくやりきるというマインドを持つ。
    期限を守る(自分で決められることが多いので、つい自分に甘くなります)
  • 参考になった
    若松孝一さま
    その理由を教えていただけますか?
    ある程度、今までのセミナーや書籍などでわかっているつもりでしたが、実際にできていない(やりきれていない)自分を改めて認識できました。時間割をしっかりと作り、TODOに抜け漏れない様に、また大きなことを分解してタスクにするなど意識する点が明確になりました。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    早く合格点のレベルでやり切る。    
  • とても参考になった
    柳瀬康博さま
    その理由を教えていただけますか?
    響く言葉があった。①定時に退社すると決める。②タスクの合格ラインを見極める。③質と期限を守ることができれば、優先順位をつける必要はない。④期限のないタスクは仕事ではない。等々。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    googleカレンダーの活用。特に、朝一で隙間時間を埋める。    
  • とても参考になった
    宮原久美さま
    その理由を教えていただけますか?
    スケジュール管理の具体的な事例が参考になりました。グーグルカレンダーのメリットを再確認できました。Googleカレンダー予定から結果に変更して残し、振り返るやり方はカイゼンができていいなと感じました。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    ひとつの仕事を複数の仕事に展開していくやり方も取り入れたいと思います。 
  • とても参考になった
    若松聡美さま
    その理由を教えていただけますか?
    平野さんの時間術に関するセミナーは以前にも受けていて、本も持っていて、ずいぶん取り入れさせていただいています。が、「やり切る」レベルが甘くなっていました。そのことに気がつき、気が引き締まったのでとてもよかったです。

    特に活用してみたいと感じた内容は?
    仕事はカレンダーにすべて埋め込む、を再び復活します。

よくある質問

  • カメラが無いと参加できませんか?
    カメラやマイクなしでもご参加いただけます。
    ただし、皆さまの反応を見て進めたいので、できる限りカメラをオンにしてご参加ください。
    また、マイクに関しては、雑音が少ない場所なら、ずっとオンでお願いします。
  • Googleカレンダーは使っていませんが、参考になりますか?
    はい。問題ありません。
    Googleカレンダーの活用方法も一部話しますが、自分の予定をどのように管理するのかという話が中心になります。手帳であっても、他のウェブツールであっても、考え方は共通です。
  • 参加特典の動画はどうやったらもらえますか?
    参加者全員に『仕事の密度を最高まで高める!究極の時間&仕事管理術』(2020年収録版)をプレゼントします。

    入金が確認できた方には、その都度担当より閲覧用のURLをお送りします。
    無料の方は、確認ができ次第、随時お送りします。

    2~3営業日お待ちいただけますと幸いです。

講師プロフィール

  • 平野友朗

    株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/一般社団法人PAG 代表理事/実践塾シェアクラブ主宰
     
    1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。2004年、アイ・コミュニケーション設立。ビジネスメール教育の専門家。得意とする分野は、メールコミュニケーション効率化や時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。クライアントは、日本全国の企業、士業コンサルタント、官公庁から学校や団体まで幅広く、その数はのべ5,000を超える。

    2020年は1年間に180回のセミナーに登壇。その大半がオンラインセミナー。最大500名に対してセミナーを実施した経験もあります。
     

開催日程/費用

  • 究極のタイムマネジメント【2月14日(月)開催】

    日時 時間 開催場所
    2022.02.14(月)13:00~17:00 オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【4月15日(金)開催】

    日時 時間 開催場所
    2022.04.15(金)13:00~17:00 オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【6月9日(木)開催】

    日時 時間 開催場所
    2022.06.09(木)13:00~17:00 オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【8月18日(木)開催】

    日時 時間 開催場所
    2022.08.18(木)13:00~17:00 オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【10月18日(火)開催】

    日時 時間 開催場所
    2022.10.18(火)13:00~17:00 オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【12月15日(木)開催】

    日時 時間 開催場所
    2022.12.15(木)13:00~17:00 オンラインイベント

注意事項

  • 当日は、15分前からZoomにつながるようにしておきます。
  • 待機室は「有効」にしておき、支払いが確認できた方から入室を許可します
  • カード払いの方は、完了後に出る決済リンクから決済して下さい
  • 銀行振り込みの方は、自動返信メールの案内に従ってお振り込み下さい
  • Zoomのアプリケーションは、事前にインストールして下さい

お申し込み

参加希望コース
必須
  • 究極のタイムマネジメント【2月14日(月)開催】  
    • 2022.02.14(月)
      13:00~17:00
      オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【4月15日(金)開催】  
    • 2022.04.15(金)
      13:00~17:00
      オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【6月9日(木)開催】  
    • 2022.06.09(木)
      13:00~17:00
      オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【8月18日(木)開催】  
    • 2022.08.18(木)
      13:00~17:00
      オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【10月18日(火)開催】  
    • 2022.10.18(火)
      13:00~17:00
      オンラインイベント
  • 究極のタイムマネジメント【12月15日(木)開催】  
    • 2022.12.15(木)
      13:00~17:00
      オンラインイベント
お名前
必須
フリガナ
必須
決済方法
必須
  • VISA, Mastercard, JCB, American Express, Dinners Club, Discover
メールアドレス
必須
hirano@sc-p.jp
からのメールを受け取れるように設定を行ってください。
電話番号
必須
備考欄
講師に聞いてみたいことや事務局へのご質問などがありましたらご記入ください。