客数減でも利益アップを実現する

中小観光事業者のための
高付加価値化
単価アップ実践講座

経営者・事業責任者向け

こんな悩みありませんか?
 
✔ これからは「量より質」が大切と思っているものの一歩が踏み出せない
✔ 自社商品・サービスの高付加価値化・単価アップのやり方がわからない
✔ 競合が多すぎて単価アップは難しい
✔ 高付加価値化には時間とお金がかかるのでウチには無理
✔ 単価アップしたいが顧客が減るから現実的ではない

この中で1つでも当てはまるのであれば、この講座があなたのお役に立てるはずです

日本は安すぎる
 
インバウンドビジネスをやっていると、特に欧米の方からよく「日本は安すぎる」と言われます。
例えば、国内では1杯800円の一風堂のラーメン。
ニューヨークの一風堂で同じラーメンを食べようとすると、2000円超を支払わなければなりません。

経済指標で比較対象の基準となるビッグマックの価格は、アメリカ624円(US$5.67)に対して、日本は390円(US$3.54)と、40%ほど安く食べられるわけです。

海外旅行に行くと、日本の物価は安かったんだ、と知って驚く方も多いはず。


それなら、さらに経営努力で価格を下げ、
一人でも多くのお客様に喜んでもらうべき、
と薄利多売の正しさを再認識する経営者も少なくないでしょう。
残念ながらコロナ後の観光業で、その考えは間違いです。

理由は3つ。


1. 人口減少:将来の顧客、そして、働き手が減る
2. 旅行者の変化:旅の経験価値が高まり、本物志向が強まる
3. 地域の変化:地域を理解・尊重してくれる筋のいい顧客に来てもらいたい



もう、数の勝負では戦えません。
特に観光業では、団体旅行から個人旅行へのシフト鮮明になり、
これからは量から質への転換が不可欠です。

にもかかわらず、多くの経営者の頭の中は
「集客、集客、集客・・・いかに新規客を集めるか」
が大部分を占めています。

実際、私が日々経営者の皆さんとお話しさせていただく中では、思考の8割くらいが集客に寄っているように感じます。


私が行う個別コンサルティングの課題ヒアリングでは、
必ずといっていいほどYoutubeやインフルエンサー活用など、集客の話になりますが、集客の前にきちんと儲かる商品やサービスが用意されている企業は、残念ながら少ないと言わざるをえません。

マーケティングの世界では、 新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかると 言われています。 改めて、一歩立ち止まり、新規顧客開拓の前に自社商品・サービスの 見直しに取り組むことが大切なのです。


一方で、「うちの商品・サービスならもっと価格を上げてもいいだけの価値があるはず」と密かに自信を持つ経営者もいるでしょう。


しかし、

やり方がわからない……
競合他社がいるから、ウチだけ値上げはできない……
価格を上げると顧客が離れてしまうのでは……

などの懸念から、単価アップを諦めているのではありませんか?

では、単価アップの方法がわかり、競合と差別化し、価格を上げるほど満足度も上がり、顧客がリピートしてくれるならどうでしょう。




このプログラムでは、
高付加価値化・単価アップを実現する「5つの切り口、24の施策」
をお伝えします。

私がこれまでに様々なビジネスを研究した中で、
中小観光事業者にとって本当に役立つものだけを体系化。


受講者の皆さんには、3.5時間の講座の中で、具体的な事例やワークを通して、
これから生涯にわたって自社の商品・サービスの
高付加価値化・単価アップのアイデアを生み出す「武器」
手にしていただきます。

施策を実践することで即利益増に繋げることも可能。
既に参加した方から次のようなコメントもいただいています。

講座を受講された方の満足度

講座に参加された方々の声

  • 旅行会社 社長
    やり易いところからやる!大切さに気づく
    様々な事例を参考に"やり易いところからやる"ことで、確実に成果を出していくことの大切さに気づかされました。学び合い確認とコミュニケーション、アクションプラン組み立ての流れもすごく良かったです。
  • 宿泊施設 社長
    価値の伝え方が顧客満足を左右する
    商品のこだわりやデザインなど、価値をうまく伝えることが顧客満足向上にとって重要だと分かりました。また、他社動向よりも自社ベネフィットを基軸に戦略を練ることや、ターゲットを明確にしていたつもりが実はブレていることがあることにも気づかされました。
  • 体験・ツアー・アクティビティ提供会社 社長
    お客様目線の手法・アイデアが満載
    ツアーの工程をお客様目線でみせる手法、品質証明を前に押し出す有効性、松竹梅による価格帯の差別化アイデアなどを学ぶことができました。さらに、この講座そのものから高額商品を自慢したくなる気持ちを体感でき、富裕層向け商品に自信が持てました。
  • 宿泊施設 経理担当
    社内で共有し実践していきたい
    講座を受講する前は、単価アップをするためにはCSやサービスを高めないといけないと難しく考えていました。村山さんから教えていただいた施策を当てはめてみると、関連してその他の施策でも検討や改善が浮かんできました。社内で共有し実践していこうと思います。
  • 体験・ツアー・アクティビティ提供会社 マネージャー
    できていること・できていないことがわかった
    24の切り口に細分化されていることにより、今自身の会社での取り組むべきこと、取り組まなくて良いこと、実際できていることなど、細かく整理できたことはとても良かったです。
  • 宿泊施設 社長
    体系化されているから頭の整理ができる
    普段頭で考えていることも多くあったが、体系化してくださることで、頭の整理ができました。すぐ実行できることがあることもわかったと共に、他の事業者さんの悩みや課題なども共有でき、参考になりました。

この講座の特徴

  1. 高付加価値化・単価アップに繋がる施策を「体系的」に学べる
  2. ワークショップの時間があることで、講座で学んだ施策を自社に当てはめて考えることができる
  3. 参加者同士で情報を共有することで一人考えるよりも多くの気づきがある
  4. すぐに施策の検討ができ、実行に移せるようになる
  5. 特に観光業の方に参考になるようプログラムを開発

この講座で学べること

商品・サービスはそのままでも単価をあげる売り方とは?

今あるものをどのようにお客様に提供するか、どのように見せることで、

魅力を最大限に伝えられるか 大きな改善をしなくても単価アップできる施策や事例をお伝えします。

 

今の価格に本当に納得していますか?本来の価値を伝えるポイントとは?

多くの経営者は今の価格に納得していません。

もっと価値があるはずなのにそれが伝えきれていないことがほとんどです。

本来の価値は何なのか?また、それをどのように伝えていくのか? 豊富な事例とともに解説していきます。

付加価値を劇的に上げる商品・サービス設計とは?

商品・サービス設計に8つの施策を取り入れることで付加価値は劇的に変わります。

普段から考えている施策も一部あると思いますが、全てを実践できている会社はないでしょう。

改めてこれらの施策を自社に置き換え、高付加価値化を実現していきましょう。

筋のいい顧客を集める!共感から購入に繋げるヒント

自社の商品・サービスの良さを認め、より高い金額で購入いただけるお客様には、

どんなアプローチをすることで「共感」し、ファンになってくれるのでしょうか。

世界の旅行者のトレンドも含めてお伝えします。

より施策を「実行」いただけるように特典を工夫しています

  • 効果的な使い方

    受講者の皆様には、学んだことを復習いただき、ご自身だけでなく社員の方にも共有し、講座の中で発案された施策アイディアを実行していただきやすくするための特典をご用意しています。

    ● 講座の投影資料
    ● 5つの切り口24の施策を確認する「チェックリスト」
    ● アーカイブ動画の1カ月無料視聴

     

講師プロフィール

  • 村山 慶輔  Keisuke Murayama

    株式会社やまとごころ 代表取締役

    兵庫県神戸市出身。米国ウィスコンシン大学マディソン校卒。アクセンチュア株式会社(戦略グループ)を経て、2007年より国内最大級のインバウンド観光情報サイト「やまとごころ.jp」を運営。観光・インバウンドに特化し、100社以上にコンサルティングを実施。2018年より経済産業省の高付加価値化事業のシニアプロデューサーを歴任。「ワールドビジネスサテライト」、「NHKワールド」など国内外のメディアへ多数出演。2020年11月には自身8冊目となる『観光再生 サステナブルな地域をつくる28のキーワード 』(プレジデント社)を上梓。東京都立大非常勤講師。

    日々、高付加価値・単価アップにおける研究・実践活動を行っています。

  • 観光・インバウンドに関する書籍を多数出版

     
    「観光再生 サステナブルな地域をつくる28のキーワード」
    「インバウンド対応 実践講座 「エリア目線」で成果を最大化する成長戦略」
    「地方創生のためのインバウンド対応実践講座」
    「超・インバウンド論」
    「インバウンドビジネス入門講座 第3版 訪日外国人観光攻略ガイド」
    「インバウンドビジネス集客講座」
    「インバウンドビジネス入門講座 第2版 訪日外国人観光攻略ガイド」
    「訪日外国人観光ビジネス入門講座 沸騰するインバウンド市場攻略ガイド」


    書籍一覧はこちら
     
  • 審査員・アドバイザー等の実績

    インバウンド関連事業の高付加価値化に関する審査委員等歴任

    ・観光庁「平成31年度最先端観光コンテンツインキュベーター事業」モデル事業選定委員
    ・経済産業省「Travel Mine Japan」プロジェクトアドバイザー
    ・経済産業省「JAPANブランド等プロデュース支援事業」シニアプロデューサー
    ・経済産業省「クールジャパンプロデュース支援事業」シニアプロデューサー
    ・環境省「令和元年度 国立公園満喫プロジェクト先進的インバウンドプロジェクト 支援事業」
     ほか多数

現在の事業の状況はいかがでしょうか?

改めてお尋ねします。

現在の事業の状況はいかがでしょうか?

社会が、世界が今後どうなるのか、まだ何も見えません。
今後の第4波の懸念、将来の感染症、押し寄せる人口減少、団体から個人客への加速……

動けず、動かず、量から質への転換に付いていけなければ、ジリ貧の未来は残念ながら明らかです。

ちなみに、利益が増えるとどんな未来が待っているでしょうか?

  • ・元本の返済が始まっても十分な返済原資を用意できる
    ・客数が減っても利益を伸ばすことができる
    ・客層が変わり、ストレスが減る
    ・頑張ってくれる社員に還元できる
    ・時間に余裕ができて、経営全般を見られるようになる
    ・利益を使って、更なる商品・サービス改善に投資できる
    ・結果、お客様にこれまで以上に喜んでもらえる


    もしも、利益を増やすことができれば、
    上記のようなこと考えられるようになります。

改めて本講座についてお伝えします

このプログラムでは、

高付加価値化・単価アップを実現する「5つの切り口、24の施策」
3.5時間でみっちり学んでいただきます。


今までのコンサルティング経験の中から、
観光事業者の皆さんが使えるものだけを厳選して絞り込んだものになります。


それぞれの施策を事例とともに解説していきます。
都度、自社の商品・サービスに置き換え、思考を巡らせていただきます。
また、他の観光事業者との意見交換や講師からのフィードバックにより、
長年のメンタルブロックが外れたり、
自分では考えつかなかったアイデアが閃いたりする
こともあるでしょう。

講座の最後には自社で実行する施策をアクションプランに落とし込んでいただきます。
具体的にすればするほど、実行可能性が高まり、成果に繋がります。
受講者特典として「5つ切り口、24の施策」チェックシートも用意していますので、
受講後もこの施策を用いて、自社のビジネスを常に振り返って頂けます。



色々とお伝えしてきましたが、
施策は具体的にどんなものがあるのか少しお伝えしたいと思います。



現状の商品・サービスの関連商品を考えてみてください。

顧客がみなさんの商品・サービス以外に欲しいもの、あるいはあったら便利だと思うはなんでしょうか?


例えば、靴を買えば、靴磨きや靴下は当然欲しくなりますし、靴の色に合うベルト、鞄、
さらにはスーツまで欲しくなりませんか?
靴を買ってくれた顧客にそれらも合わせてオススメすると一定の割合で買ってくれるわけです。

先日ある飲食店に足を運びました。ランチセットに卵食べ放題がついており、
卵かけご飯が美味しそうにオススメされています。実際食べたところ、やっぱり美味しい。
卓上にPOPで卵のこだわりや魅力が語られており、QRコードをスキャンすると
ネット通販サイトへ。そこで卵の定期宅配から様々なものが紹介されているのです。
卵のファンになった方の一定数は購入に至ると思うくらい、
嫌味なくスムーズな流れの仕組みが整っていました。

そんなこと言っても自社で関連する商品なんて用意していない・・・
その場合は、他社の商品でも全然構いません。顧客に起きうる課題やニーズを先回りして、
商品・サービスのラインナップを設けておけばいいのです。




今、ご紹介したのは商品・サービス自体に手を加えなくてもすぐ実践できるテクニックです。

そんなの知っているよ、という方もいると思いますが、知ってると実践しているは全く違います。
また、他にも23個の施策を解説していきますので、知らないものや意識してなかった施策も多数あるはずです。

既に事業をお持ちの経営者であれば、
その中の一つでも実践すればすぐに成果に繋がることはお分かりでしょう。


ぜひ、この3.5時間は頭を空っぽにし、集中して高付加価値化・単価アップにチャレンジしていきましょう!

なぜ高付加価値化・単価アップが大切なのか?

講座の中で学び・考え・共有いただくプログラムを採用

  • オンライン講座

    単価をアップさせるための24の施策の解説、事例紹介
  • 個人ワーク

    学んだ施策を自社の商品・サービスに置き換えて考える
  • グループワーク

    参加者と施策を共有し合いアイディアを広げる

こんな方にオススメ

・中小の観光事業者(旅行サービス、体験アクティビティ提供、宿泊、飲食)
・経営者、事業責任者、または、決裁権を持っているマネージャー・リーダー
・会社を良くするために何でも実行しようという意欲のある方



【ご注意ください】
下記のような方には、お断りしています


コンサルティング会社、ソリューション提供会社、現場スタッフレベルの方、知識だけ増やしたという方、個人の方

本講座は受講後に「自社で実行し成果を出していただく」ことに重きを置いております。すぐに動きだせない方、裁量がなく実行できない方にはご満足いただけない可能性がありますので、ご参加はお控えいただいています。

追伸

最後になりますが、
やまとごころは「インバウンドツーリズムを通じて日本を元気にする」をミッションに
2007年から観光業の皆様に情報発信を軸に事業を展開してきました。

日本を元気にするためにも、アフターコロナの時代を見据え、
強い観光業をつくるお手伝いがしたい


その思いから今回、観光業の高付加価値化・単価アップを
加速させる本プログラムを開発するに至りました。

ぜひ、この3.5時間は頭を空っぽにし、
集中して高付加価値化・単価アップにチャレンジしていきましょう!

開催日程/費用

  • 高付加価値化・単価アップ実践講座

    日時 時間 開催場所
    2021.04.23(金)14:00~17:30 オンライン

受付を終了しました。お申し込みありがとうございました。

注意事項

※先着順、定員になり次第締め切らせて頂きます。
※お申し込み確認後、別途受講料ご入金に関するご案内をお送り致します。
※本講座はZoomミーティングにて行います。
 ビデオとマイクをONの状態でご参加いただき、ワークなどにも取り組んでいただきます。
※途中退出はご遠慮いただいております。


■こんな相談も承っています
・本講座を地域やDMOなどエリア単位でのグループ向けにも開催可能です。
・御社の社員様向けにも開催可能です。

カスタマイズした講座も承っておりますので、お気軽にご相談ください。


■お問い合わせ
株式会社やまとごころ セミナー事務局
bs@yamatogokoro.jp