音やアートがトラウマの治療にどのように作用するのでしょうか?
欧米諸国では様々な研究事例とともに、その有用性が認められております。
本コースでは、その背景となる理論や実際の提供方法を学んでいただけます。

表現アーツセラピスト 
ミッチェル・コザック博士による
表現アーツセラピー オンライン トレーニングコース

ミッチェル・コザック博士の著書、Attunement in Expressive Arts Therapyを用いた
長期トレーニングコースです

講義は英語で行われますが、逐語通訳が付きます。


全コース(コース1全3回録画受講+コース2~4全9回リアルタイム受講)
コース2全3回の受講生を募集いたします。

募集期間:2021年11月1日(月)~11月30日(火)

コース 概要

このコースでは、ミッチェル・コザック博士の著書、Attunement in Expressive Arts Therapyを用いて、
彼がアチューンメントと名付けているところの、リズムや共鳴体験によって引き出される治癒的要素に注目しながら、
表現アーツが、神経生物学というレンズを通して、どのように、個人および集団のトラウマに対処することができるかということについて、
さらには、表現アーツによって、いかにクリエイティビティ(創造性)が引き出され、個人だけでなく、グループやコミュニティーの癒しへと繋がっていくのかを、事例や体験を通して、詳しく学んでいきます。

2021年7月から始まり、2023年1月まで続く、オンラインによるトレーニングコースです。
1回3時間、月に1回のペースで、3ヶ月ごとを1単位とし計4期間(全36時間)にわけて、途中3回の休憩期間を取りながら、開催されます。
 
ミッチェル・コザック博士は、表現アーツセラピーの第一人者として、長年、米国レスリー大学で教鞭をとり、臨床経験も豊かな方で、国際表現アーツセラピー協会の理事としても著名な先生です。
日本では、まだあまり馴染みのない表現アーツセラピーですが、海外ではトラウマや発達障害の治療などにアーツセラピーが用いられている事例は多くあり、その研究も進んでいます。
近年、トラウマの研究では、神経系統に閉じ込められている圧倒された根本的なパターンの再調整に、ダンスや音、
太鼓のリズムなどが、役立つことがわかってきています。
このコースでは、そういったトラウマの治療の場面でのアーツの用い方も学ぶことができます。
 
また、ジャズミュージシャンという側面もお持ちのミッチェル博士、今回の、少々難解とも感じられるテーマですが、ワークショップでは彼の演奏によるファシリテーションもあり、音を楽しみ、即興的な音の世界に導かれながら、体験的にも学びを深めていくことが可能です。

トラウマの治療に関心をお持ちの方、音楽療法士、音やアートによる治癒的効果に関心をお持ちの方、
アーツセラピーをさらに専門的に学んでみたい方にご受講いただきたいコースです。

全コース(リアルタイム受講)、コース1のみ受講の受付は定員に達したため終了いたしました。

*コース2の受講生7名を募集いたします。
*全コース(コース1録画視聴+コース2~4リアルタイム受講)の受講生1名を募集いたします。

 

■スケジュール
コース  開催日時 内容 備考
2021年7月18日(日)
8:00-11:00
アーツとセラピーにおけるアチューンメントの背景 *録画受講
2021年8月15日(日)
8:00-11:00
リズムと共鳴 (パートI-エントレインメント) *録画受講
2021年9月19日(日)
8:00-11:00
リズムと共鳴(パートII-ミラーニューロンと対人神経生物学) *録画受講
2021年12月12日(日)
8:00-11:00
リズムと共鳴(復習・愛情と意識状態)  
2 2022年1月16日(日)
8:00-11:00
身体化されたクリエイティブ(創造的)な知性  
2 2022年2月13日(日)
8:00-11:00
遊びの理論を用いたアーツとの相互関係性  
3 2022年5月15日(日) 
8:00-11:00
具体化された共感と表現アーツ             
3 2022年6月12日(日) 
8:00-11:00
表現アーツと即興  
2022年7月10日(日) 
8:00-11:00
ディープリスニング(深く聴くこと=傾聴)  
2022年11月20日(日) 
8:00-11:00
ディープリスニング(深く聴くこと=傾聴)  
4 2022年12月18日(日) 
8:00-11:00
5元素と表現アーツ  
2023年1月15日(日) 
8:00-11:00
全体の振り返り  
※コースの内容・スケジュールは変更になる場合がございます。
上記の他、本を読み進めていくための機会や、受講生同士が学びを共有できる機会を提供いたします。

ミッチェル・コザック博士によるオンラインワークショップ 参加者の声

  • 京都府在住 O.Mさま 50代 男性 学童保育
    このようなアートセラピーは今後ますます必要になると思った
    ミッチェル先生が、トラウマについて話しをしている間、私の身体は、硬くなっていき、吐き気もし苦しくなってきました。「今日は、ワークできるだろうか?」という不安も出てきました。3.11の地震、原発事故の出来事、そして、移住生活の困難さ、後悔等が思い気持ちになってました。ワークが始まると、身体がほぐれてきて楽しい気分に変化!悲しみから、優しい芽が伸びて来たような感じになりました。
    日本には、まだまだ3.11がトラウマになってる人は多いと思います。今日の様なアートセラピーは、今後増々必要になってくると思いました。
  • 東京都在住 T.Yさま 30代 女性 介護士
    これまでのトラウマに対する考え方が変わりました
    ミッチェル先生が本当に魅力的で、穏やかな話し方などに癒される思いでした。
    トラウマは極めて個人的なものと思っていたので、集団的トラウマという言葉を聞いてこれまでのトラウマに対する考え方が変わりました。
    集団で癒す必要があり、考えたり話したりできない状況においては、リズムが効果的であるということがとても理解しやすかったです。エビデンスがある、というか立証されていることなのだと改めて知ることで、アートセラピーの可能性を感じました。
    グループシェアをした際にZoomだからこその配慮によって、穏やかなひと時が過ごせたことが印象的でした。これが共振のようなものかと感じられました。
    ギリギリの申し込みでしたが参加できて本当によかったです。現在学び中のヨガ・オブ・ボイスにも参考になるポイントがありました。
  • 大阪府在住 H.Yさま 50代 女性 音楽家
    ミッチェル先生が奏でる音や声に身体が勝手に動き出す体験でした
    香港で受けたミッチェル先生のワークと同様に、今日もミッチェル先生が奏でる音や声に身体が勝手に動き出す体験をしました。そのあと描いた絵には、腕の赴くままに、音に乗せられて描いたのですが、自分のトラウマ的な体験を象徴するような部分、それを持ちながらも生きてきた(ある意味では、そのことによって培うことができた)自分のパワーを象徴するような部分、そして、それに蔓を伸ばしている植物から葉や実がなっていたり、安心できる見守りの中で羽ばたくことができている自分を象徴するような部分が、まるで物語のように表れていました。まだ、まとまっていませんが、その絵をみて、すべてが必要なことだったとを感じ、そして、深い沼の淵にいるように思っていた体験の中に、私を私として成り立たせている力があることを知り、誇らしい気持ちにもなりました。

よくある質問

  • 英会話が苦手です。英語が分からなくても受講できますか?
    講義は英語で行われますが、逐語通訳が付きます。講師への質問も、日本語で行っていただけます。
    配布資料等につきましても、翻訳したものをお渡しいたしますので、どうぞご安心ください。
  • アートセラピストでなくても受講できますか?専門的な内容でついていけるか不安です
    アートセラピストでなくても受講は可能です。現在、アートセラピスト、表現アートセラピスト、ドラマセラピスト、臨床心理士、ソーシャルワーカー、音楽家、ボディーワーカー、カウンセラー、アーティストなどの専門職の他、他団体等でアートセラピーを学ばれている方などにお申込みいただいております。
    多少は専門的な知識が必要です。アートセラピーの体験などが無く、全く初めての場合は、少しハードルが高い内容となります。そのため、受講期間中に勉強していただく必要があります。ただ、自分ひとりで勉強するのではなく、受講生同士で学べる機会がございます。
    受講生が、それぞれの専門性を活かしながら、お互いに学びを深められ、共に成長できるような場をご用意いたします。
    また、必要な知識を得るための、書籍の紹介もいたします。
  • 先の予定が分からないので申し込みを迷っています。欠席の場合、振替はありますか?来年も同じコースを開講する予定はありますか?
    振替はございませんが、欠席された回は、録画をご視聴いただけます。(視聴期限あり)
    また、毎回、講師による質疑応答の場を設けますので、欠席された会でご不明な点は、講師ご質問いただけます。
    2023年1月に本コース終了後、次回のオンラインコースの開講は未定です。
    1コースのみの受講も可能です。
    コースごとに、順を追ってコースをお申込みいただく必要はございませんので、ご受講されたいコースをお選びいただけます。
  • 自分自身が持っているトラウマを解消できますか?
    コース自体は、トラウマを解消することが目的ではございません。クラスの中で提供されるワークを受けることで、癒しが起こってくることはございますが、個人の方の治療を目的としたコースではございませんので、その点は予めご了承ください。現在治療を受けておられる方は、主治医にご相談の上、受講の検討をお願いいたします。

    また、トラウマの研究では、神経系統に閉じ込められている圧倒された根本的なパターンの再調整に、
    ダンスや音、太鼓のリズムなどが、役立つことがわかってきています。
    このコースでは、そういったトラウマの治療の場面でのアーツの用い方も学ぶことができます。
  • 来年以降までモチベーションを保って受講できるか不安です。
    コース受講生同士のコミュニティの中で、個々がつながり合い、お互いに支い合えるような学びの場を用意しています。
  • 分割払いはできますか?
    分割払いは可能です。2回払いまでは、分割手数料は不要です。
    その他のお支払方法につきましては、「お支払方法」又は、「キャンセルポリシー・利用規約について」の該当箇所をご参照ください。
  • ミッチェル先生からスーパービジョンを受けることができますか?
    現時点で、スーパービジョンを受けることはできませんが、今回の全コース終了後に、スーパービジョンを受けることができるような形をつくっていくことも検討いたしたく思っております。
  • 終了したら資格が得られますか?
    本コースは、資格取得のためのコースではございません。
    参加されたことを証明するための参加証明証を希望される場合、全カリキュラム受講の上、所定の要件を満たした方については、コース終了時に参加証明書を発行します。

     

講師紹介

  • ミッチェル・コザック 博士

    Mitchell Kossak Ph.D., LMHC, REAT
    マサチューセッツ州ケンブリッジにあるレスリー大学において、表現セラピープログラムの前ディレクターであり、教授。医療カウンセラーの資格を有し、表現アーツセラピストとしても認定されてる。主な仕事と研究の実績は、リズミックアチューンメント(同調)、即興、サイコスピリチュアル(精神的)およびコミュニティーとしてのアプローチを用いてトラウマに対処する というもので、国内外の学会で紹介されている。

    国際表現アーツセラピー協会(IEATA)前会長
    2017 年 生涯功労賞であることを示す、シャイニングスター賞を受賞

    ミッチェル・コザック 博士について、さらに詳細をお知りになりたい方々は、ウェブサイトhttps://lesley.edu/about/faculty-staff-directory/mitchell-kossakをご覧ください。

出版書籍

  • Attunement in Expressive Arts Therapy: Toward an Understanding of Embodied Empathy

    「表現アーツセラピーにおけるアチューンメント〜身体化された共感の理解に向けて~」
    <目次>
    *ショーン・マクニフ氏による推薦の言葉
    *序文

    -第1章-    CONTEXTS OF ATTUNEMNET IN THE ARTS AND THERAPY
    アーツとセラピーとアチューンメントとのかかわり

    Opening Doors for People with Autism through the Arts: アートを介して、自閉症の人たちのためにドアを開く:
    A Research Project  研究プロジェクト
    Notes from the Field  現場からの報告

    -第2章-    TUNING IN THE EMBODIED CREATIVE INTELLIGENCE
    身体化された創造的知性(クリエイエティブインテリジェンス)へのチューニング  
     

    Play and Artistic Intelligence 遊びと芸術的知性
    Embodied Intelligence 身体化された知性
    The Arts and Awakening 芸術と覚醒
    Notes from the Field 現場からの報告
    A Research Study ある調査研究

    -第3章-    ATTUNEMENT AND IMPROVISATION: EMBRACING THE UNKNOWN, REHEARSALS FOR LIFE
    アチューンメントと即興: 未知なるものを受け入れる、人生のリハーサル

    Improvisation and Expressive Arts 即興と表現アーツ
    The Depth Psychology of Improvisation  即興の深層心理学
    Notes from the Field 現場からの報告
    Rock and Roll at Danvers State Hospital   ダンヴァース州立病院でのロックンロール音楽
    Drama at New England Medical Center ニューイングランド医療センターでの即興劇
    Free Jazz at the Berkeley College of Mus  バークリー音楽大学での即興ジャズ音楽

    -第4章- RHYTHM AND RESONANCE: DEEP CONNECTIONS TO SELF, OTHER AND UNIVERSAL CONSCIOUSNESS
    リズムと共鳴: 自分自身、周りの人たち、そして、宇宙への意識との深いつながり

    Cymatics and Entrainment サイマティックスとエントレインメント
    Resonance       共鳴
    Interpersonal Attunement 対人関係におけるアチューンメント
    Mirror Neuron System    ミラーニューロンシステム
    Rhythm and Altered States of Consciousness リズムと意識の変化した状態
    Collective Rhythmic Resonance    集団的リズミックレゾナンス(共鳴)
    Notes from the Field 現場からの報告
    Rhythmic Rupture and Repair リズム感を伴う破壊と修復
    Healing Collective Resonance in Belfast, Ireland アイルランドアイルランド、ベルファーストにおける集団的共鳴ヒーリング

    -第5章-    ATTUNEMENT TO INDIVIDUAL,GROUP AND COMMUNITY TRAUMA
    個人、グループおよび集団的トラウマへのアチューンメント

    Notes from the    Field    現場からの報告
    Individual Trauma   個人のトラウマ 
    When Crisis Affects the Group and the Therapist 危機的状況がグループやセラピストに影響を与える時
    Art and Memory in Latin America ラテンアメリカでのアートと思い出

    -第6章-    TUNING IN  
    チューニング

    References 参考資料
    Index  索引

コースの受講にはテキストが必要です

*ミッチェル・コザック博士の著書 Attunement in Expressive Arts Therapy について
2021年7月に改訂版が出版されています。英語版の原書になりますが、各自、アマゾン等で受講前にお求めください。

受講特典

ミッチェル・コザック博士の著書 Attunement in Expressive Arts Therapyを読み進めていくための、本を読む会に無料で参加できます。コース2の内容である第2章と3章を読み進めていきます。終了した会については、録画でご視聴いただけます。

<開催予定日>
1、9月5日(日)午前8時~9時半
2、10月17日(日)午前8時~9時半
3、10月31日(日)午前8時~9時半
4、11月28日(日)午前8時~9時半

ミッチェル・コザック博士 ご紹介動画

私たちの内側と外側の景色(Inner and Outer Landscapes: Mitchell Kossak on the Expressive Arts)

IEATA前会長でもあるミッチェル・コザック博士が表現アーツについて語っています。

動画制作:IEATA International Expressive Arts Therapy Assoc.(国際表現アーツセラピー協会)
Webサイト:https://www.ieata.org/​

※この動画は、国際表現アーツセラピー協会が制作した動画を国際表現アーツセラピー協会の許可を得て、日本語の字幕付きで視聴いただけるようにアップロードしたものです。

開催日程/費用

  • コース2

    日時 時間 開催場所
    2021.12.12(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.01.16(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.02.13(日)08:00~11:00 オンラインイベント
  • 全コース(コース1全3回録画受講+全9回リアルタイム受講)

    日時 時間 開催場所
    2021.12.12(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.01.16(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.02.13(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.05.15(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.06.12(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.07.10(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.11.20(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2022.12.18(日)08:00~11:00 オンラインイベント
    2023.01.15(日)08:00~11:00 オンラインイベント

募集締切:2021年11月30日(火)23:59


■募集人数
全コース(コース1録画受講+コース2~4リアルタイム受講):1名
コース2:7名


 

キャンセル待ちフォーム
希望する日程を選択してください

参加希望コース(複数選択可)
必須
  • コース2 (3日間コース)
    • 2021.12.12(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.01.16(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.02.13(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
  • 全コース(コース1全3回録画受講+全9回リアルタイム受講) (9日間コース)
    • 2021.12.12(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.01.16(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.02.13(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.05.15(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.06.12(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.07.10(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.11.20(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2022.12.18(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント
    • 2023.01.15(日)
      08:00~11:00
      オンラインイベント

現在、申込できるイベントはありません。

メールマガジンご登録のご案内

当法人ではアーツセラピーの情報を無料のメールマガジン「ACL通信」でお届けしています。
 

主催

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ
住所:兵庫県神戸市中央区花隈町3-36-1A
電話番号:078-361-0128